成分表示は順番が大事!その見方とは?

肌につけるオールインワンジェルのコラリッチEXですが、肌への刺激があると使い続けることができません。
そこで今回はコラリッチEXの成分について詳しく見ていきましょう。

 

そもそも成分表示についてじっくり見たことがありますか?
どんな成分からできているのか、どんな成分を使っているのか表示されているものです。

 

コラリッチえX成分

 

オールインワンジェルなどの化粧品では、比較的小さな文字で、ぎっしりと記載されているものが多いです。
見たことのある成分の名前もありますが、ほとんどが???となるようなカタカナやローマ字、数字が付いた成分も並んでいます。
成分表示を見ると、いかに様々な成分を使って化粧品などを作り上げていることがわかります。

 

成分表示の見方をまずは知らなくてはコラリッチEXの成分を検証することができません。
まずは成分表示を見る場合、成分の多いものから表示されています。
詳しい配合量は多くが企業秘密となっているため、開示されていません。

 

でもまずは多い成分から表示されていることを知ってください。

 

化粧品などの場合は特に表示されている成分が多いので1〜2行目までの成分が主成分になることが多いので、特に気を付けてみていきましょう。

 

コラリッチEXの成分は全部で57成分!

 

コラリッチEX成分表示

コラリッチEXの配合成分は全部で57成分もありました。
肌への効果が期待できる成分はもちろんのこと、オールインワンジェルとしての使用感を出すための増粘性の成分など基剤となる成分も表示されています。

 

まず最初に成分表示で登場する水と温泉水、これこそがまさにオールインワンジェルをつくるための基礎となる成分です。
手軽に自作の化粧水ができると評判で、作ったことがある人はわかるかもしれませんが、自作化粧水を作る時も水とグリセリンは欠かせない材料となります。

 

コラリッチEXの場合は水だけでなく温泉水も配合していて、美肌効果に期待ができるのでプラスの成分として配合しているようです。
他のオールインワンジェル(パーフェクトワンやメディプラスゲル)などでは水だけを配合成分としているようで、コラリッチEXは土台でプラスがあると考えられます。

 

⇒「温泉水が使われているコラリッチEXは肌に優しい?」

 

それ以降のBGやPPG−9ジグリセリル、グリセリンなど保湿成分が続きます。
保湿成分の表示の中には、有名なプロテオグリカンやヒアルロン酸、スクワランなどの成分も表示されています。

 

コラリッチシリーズのオールインワンジェルにはコラリッチEX以外に、コラリッチとコラリッチEXスーパーモイスト2がありますが、この2つと違う成分が配合されています。

 

  • カラスムギ穀粒エキス
  • 肌につけるとすぐにフィルムの役割をして、しわやたるみでできた凹凸を修復する天然のリフトアップ剤

  • シゾサッカロミセスポンエキス
  • 別名醗酵イチジクエキスで、優れた保湿機能を持っている

  • ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na
  • 水溶性高分子で、適度な粘度を持たせ使用感を向上させる役割がある

 

危険な成分は配合されていない?

何といっても57成分も配合されているので、調べきれない成分もありますが、コラリッチEXに危険な成分が配合されていることはないようです。

 

コラリッチEX成分安心

 

危険な成分が配合されていたり、何か副作用などの異常があればHPなどで注意喚起がされることでしょう。
でも実際にそのようなことはありません。

 

化粧品において多くの人が気になる点が防腐剤かもしれません。

 

防腐剤は体に悪い、発がん性があるなどさまざまな意見がありますが、実は防腐剤いう成分が配合されていない化粧品こそが危険であることを知っていますか?
防腐剤が入っていないということは、日々使い続けているうちに菌の繁殖をさせてしまいその化粧品そのものを安全に使うことが出来なくなってしまうのです。
だからこそ化粧品には防腐剤が必要不可欠といえます。

 

しかしながら近年は防腐剤という言葉におびえてしまう人もすくなくありません。
その代表的なものがパラベンやフェノキシエタノールです。

 

コラリッチEXはフェノキシエタノールが成分表示に掲載されているので、防腐剤が配合されているということになります。
(安心に使い続けるために必要な防腐剤なので、配合してあっていいんです!)
この2つの防腐剤論争には様々な意見があり、フェノキシエタノールのほうが自然派だから安全といわれていますが、実際のところはどちらが危険、安全ということはないようです。

 

だた少なからずコラリッチEXが配合しているフェノキシエタノールは自然派防腐剤であり、他の成分との配合でフェノキシエタノールそのものの配合量を少なくすることができているようです。
HPでは「パラベン(防腐剤)無添加」とありますが、パラベンを使っていないだけで、フェノキシエタノールは配合されていますので、本当の言い方では防腐剤無添加とはいえないでしょう。

 

化粧品に配合されている防腐剤の量は決まっているため、少量が配合されているので、人体に危険が及ぶほどではありません。
少量であってもアレルギー反応を起こしてしまう場合もありますので、肌に異常がみられるなどあった場合は使用を中止しましょう。

 

コラリッチEX成分、注目はこれ

コラリッチEXで注目すべき成分にはどんなものがあるのでしょうか?

 

コラリッチEX注目成分

 

ズバリ年齢サインに働きかける6種類のコラーゲンでしょう。
大きさの違う6種類のコラーゲンを配合することにより、弱っている様々な部分にコラーゲンが入っていきます。
この6種類のコラーゲンを構成する成分がしっかり配合されています。

 

また酵母エキスにコラリッチEXにだけ配合されているシゾサッカロミセスポンエキス成分、美容成分がヒアルロン酸をはじめエラスチン、スクワラン、プロテオグリカン、植物性プラセンタ(クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス)などが成分として配合されています。
何といっても3か月以上コラリッチEXを使い続けた方の96.6%が実感しているオールインワンジェルです。
アレルギーテストも行っているので、安心して使うことが出来るでしょう。
※すべての人にアレルギーが起きないわけではありません。肌の異常があった場合は速やかに使用を中止して医師の診断を受けましょう。

 

敏感肌やアレルギーを持っている方は、初めて使う前にパッチテストを行うのもおすすめです。
そこで異常がなかった場合は、肌につけて嬉しい効果を実感することが出来るかもしれません。
使用上の注意をよく読んでから使用を開始するようにしましょう。

 

万が一肌に合わない場合は、初回に限り全額返金制度があるので利用することをおすすめします。

 

コラリッチEX返金

※公式サイトからの購入にのみ、保証制度が付いていますので注意してください。